2011年09月19日

初七日を終えました

昨日は初七日でした。
たくさんの方に悲しみの涙を流していただき
キレイなお花をお供えいただき
はるの魂は浄化され、元気な姿に戻って
虹の橋を駆け回っているようです黒ハート

0915-a.jpg
皆様、どうもありがとうございました!
お花畑に囲まれて、はる気持ち良さそうですよ〜
黒ハート

四十九日までは、そばに居てくれると聞いていましたが
はるは超多忙なのでしょうか、、、気配を感じません。

たった1日だけ戻ってきていたようです。
その日は私の誕生日だったのですが、
日付が変わった深夜1時。
私とダンナさんは祭壇の前で横になってたんですが
二人の間に走り寄ってくるはるの足音がしました。
最初はももかと思ったのですが、
確認すると、ももは離れた場所で寝ていました。

翌朝、ダンナさんが「今朝は、はるが起こしに来た」と
言いました。毎朝4時に、はるは強烈なべろべろチューで
ダンナさんを起こすのが日課でした。

でも、はるの気配を感じたのはこの日1日だけでした。
私への誕生日プレゼントのつもりで
超多忙の中、遊びに来てくれたのかな?

はるはワンコと遊ぶのが好きだったので
虹の橋でたくさんのワンちゃんと出会って
遊ぶのが忙しいのでしょうか?

早くから神様に呼ばれていたから
神様のお手伝いが忙しいのでしょうか?

お世話になった方々にお礼して回ってるのでしょうか?

はるがそばに居ないのは寂しいですが
身軽になって忙しくしているのかと思うと
私たちの気持ちもラクになります。
いろいろ用事が済んだら、また時々遊びに来てねるんるん

0915-b.jpg
祭壇を片づけてシンプルにしました。
まだちゃんとした安置場所を決めていないので、
しばらくこれでガマンしてちょうだいね〜


はるが亡くなった後、最期に苦しんだ様子ばかりが
私の脳裏に焼き付いてしまい
なかなか、はるの元気だったころの様子が思い出せ
なかったのですが、、、ダンナさんと一緒に
元気だった頃の写真やビデオを見返して
「あーだった。こーだった」と思い出話しているうちに
楽しかった思い出のほうが
頭の中を満たしてくれるようになってきています。

ももが時々、はるに似た行動をすると
「はるが乗り移ってるよ〜」と冗談言えるまでになりました。

0915-c.jpg

そういえばももさん、、、
ご飯も食べ体調に変わりはないのですが
5年5か月ぶりの「ひとりっ子生活」
何と言うのか、、、張り合いが無いのでしょうかね。
すごく大人しくて一日中ゴロゴロと寝ています。
自分をアピールする必要が無いから
変なダンスも踊らないし

「散歩行くよ〜!!」って言うと
はると競って玄関まで猛ダッシュだったのに
声を掛けても、だるそうに寝そべったまま
「行かなくていいです」みたいなときあるし。

いざ散歩に出ても、気分が乗らないと帰りたがるし。
はると競ってマーキングするのが楽しかったのかなー
とにかく大人しい犬になっちゃいました。。。

ヒマな飼い主にいじられて迷惑顔のももさん
(変なアクセサリーを買ってきたのはダンナさん)

0915-d.jpg

私たちも1頭だとどうも物足りない気がして
しかも、ももが大人しくなっちゃって手が掛らず
このままでは人間も、もももボケそうなので
そろそろボランティアを再開しようと思います。
今週からトリミングも再開ですはさみ

天使なはるちゃん、お空から見守っててね!

ニックネーム みさりん at 11:30| Comment(13) | 肝臓ガン@はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

後悔

たくさんの励ましのお言葉をいただいて
私たち夫婦も立ち直りつつあります。
はるの居ない日常にもだんだんと慣れてきて
穏やかにはるの思い出を話せるようになってきています。
皆様のお言葉に支えられています。
本当にありがとうございます。

今日は最後の泣き言です。
これを書き終えたらもうグズグズするのは止めにします。
支離滅裂でダラダラ書きます。。。

************************

はるの病気が分かって限られた命だと知らされたとき
「絶対後悔しないように精一杯のことをしよう」
と心に決めました。精一杯したつもりだったけど、、、
やっぱり後悔は残るものなのですね。

たったの6歳
まだまだこれからだという年齢
悔いが残らないわけは無いのですよね。。。

0917-a.jpg
2011.8.30

ダンナさんは看取れなかったことを悔やんでます。
はるとは相思相愛だったものね。
日頃から「はるやももより先に死にたい」なんて
言ってたくらいだから、、、覚悟を決めていた私より
もっとずっとショックが大きかったと思います。

前日出勤する際に「帰ってくるまで待ってて」って
はるに約束していたんだそうです。

0917-b.jpg
2010.10.10

最期のときにそばにいれるよう休みを調整している
ところでした。翌々日からは遅い夏季休暇で
ずっとはると一緒に居れる予定でした。

0917-c.jpg
2011.5.21

はるもあと数時間頑張っていれば会えたのにね。

でもその数時間を奪ってしまったのは私の判断なの
かもしれません。
痛みと苦しみを取り除くことに必死でした。
今思えばはるのためというより
苦しむはるを見ていたくないという
私のためだったのかもしれません。

0917-d.jpg
2011.2.10

腹水を抜けば急激に体調が悪化する可能性があることも
強い鎮痛剤が死期を早めることも
全て分かっていて判断を下したのは私です。
その時は、鳴いて苦しみを訴えるはるに
してあげられることは「それしかない」と思ったけど
はるは苦しみながらでも、
少しでも長く生きたかったかもしれない。
私よりもずっとずっと強い子だったから。

0917-g.jpg
2010.10.10

私は一生懸命頑張っているはるに
「頑張れ!」と励ますことができませんでした。
「もう充分だよ。頑張らなくていいから」
って言っちゃった、、、

「怖くないからね、ずっと一緒だからね
死んでしまってもずっと一緒だから心配しなくて
いいからね」って、安心させるつもりでしたが
旅立ちを促すような言葉ばかり掛けてました。

痙攣発作が止まらなくなった時
大きな発作が来るたびに、はるを抱きしめながら
「お願い心臓止まって。今度こそ止まって」
って願ってしまいました。

0917-h.jpg
2011.6.12

どんなにもがき苦しんでも心臓は止まりませんでした。
若くて心臓が丈夫だったせいもあるのでしょうが
やっぱり必死に生きようとしていたのだと思います。

最後の最後まで頑張り続け
力尽きるまでに苦しい思いをさせてしまいました。

途中「安楽死」がよぎりました。
色々な考え方があると思いますが
私は安楽死については否定的ではありません。
私が高校生の時に見送ったチビ(ビーグル♂ 享年9歳)
も癌で最期は壮絶な苦しみの中亡くなりました。
当時は「安楽死」も知らず、ただただ
「神様、早くチビを死なせてあげてください」と
願うことしか出来ませんでした。
今の私なら「安楽死」を選択していたかもしれません。

はるに関しては何人かの先生から提案はあったものの
肝臓癌はあまり苦しむ種類の癌ではないと聞いていた
ので、安楽死は絶対にしないと決めていました。
ワンコは自分で旅立ちの時を決めると聞いているので
余程のことがない限り、その子の意志を尊重したい
と思っていました。

はるにもその気持ちは伝えてあって
「安楽死は絶対にしないから、痛みや苦しみに耐えら
れなくなったら自分で逝くんだよ」って話してました。
約束してたから、安楽死は選択できなかった。
それに安楽死はダンナさんが許してくれないだろうし。

だけど安楽死は、残された家族、選択した家族に
深い傷を残してしまうと思います。
苦しかったけど自分で旅立ってくれたはる。
本当に本当にありがとうね。辛い思いさせてごめんね。

0917-f.jpg
2011.4.22

はるの最期は、一生懸命頑張り続けようとしたけど
力尽きてしまった感じでした。
息を引き取ってから目を閉じさせようとしましたが
どうしても目を閉じようとしませんでした。
ダンナさんに会ってなかったから
ちゃんとお顔を見て
最後の挨拶をしたかったのかもしれません。

0917-e.jpg
2011.8.6

こんなにも若くして旅立たせてしまうなんて、、、

もっと違う環境で違う育て方をしていたら
癌にはならなかったんじゃないか?

最初の手術の後、すぐに免疫療法を始めていたら
再発しなかったんじゃないか?

もう一度、はると出会うところから始めて
もう一度やり直すことが出来たら
もっと長生きできたかもしれない

「たら」「れば」の話は、どうしても考えてしまいます。

だけど、どんなに嘆いても悔やんでも
生きているはるが戻ってくることはありません。
生きているときが全てなのですね。
どうか皆さんも後悔のないよう
今生きているワンちゃんを抱きしめてあげてください。

0917-i.jpg
2010.10.10

明日は初七日です。
後悔するのは止めにしようと思います。
頑張り抜いたはるの姿を見て
私も強い飼い主にならなきゃいけない
ちゃんと受け止められる頼れる飼い主にならなきゃと
教えてもらいました。

これからは
はると出会えて楽しくて穏やかで幸せだった時間
ひとつずつ思い出していきたいと思います。

ニックネーム みさりん at 12:45| Comment(15) | 肝臓ガン@はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

お空に昇りました

はるちゃんとのお別れの儀式を済ませました。

0913-a.jpg

ペットエンジェルゲイト横浜青葉店さんにお願いしました。

0913-b.jpg

大好きなオヤツ、家族写真、たくさんのお花と一緒に出発
ふかふかのお布団、気持ち良さそうだねるんるん

0913-c.jpg

もももはるに最後のお別れ
はるちゃんありがとう。また会おうね!

0913-d.jpg

13:13 お空に出発
今日のお空は気持ち良さそうだね!

0913-e.jpg

小さくなって帰ってきたはるちゃん。
皆様よりたくさんのお花、ありがとうございます!
はる、お花畑に囲まれて幸せです黒ハート

0913-f.jpg

お骨は白くてしっかりしていて、とてもキレイでした。
まだまだ若かったものね、、、
ダンナさんは犬歯と足先の骨。私は尻尾の骨を
もらって、いつも身に付けることにしましたホネ
これからもずっと一緒だからね!

*************************

昨夜はお通夜でした。
はるのお顔を見に駆け付けてくださった皆さま
お花を届けてくださった皆さま
お別れのお言葉をくださった皆さま
本当に本当にありがとうございました。

0913-g.jpg

昨日は気も張り詰めていたのかしっかりしてたのですが
今朝になって涙が止まらなくなりました。
いつもの日常に、はるがいないことが辛い。
そして今日火葬されてはるの肉体が無くなってしまうこと
が受け入れられなくて「いっそハク製にしてずっとそばに
置いておこうか」とまで言い出した馬鹿夫婦。

はるの目も耳も鼻も肉球も全てが愛おしくて
その形、大きさ、さわり心地、匂いを忘れたくなくて
ずっとはるを撫で続けました。
匂いも嗅ぎたいのに涙で鼻が詰まって嗅げない〜
添い寝してると本当に寝ているだけのようで
起きなくてもいいからこのまま傍に置いておきたかった。

最後の家族写真
0913-h.jpg

でも当然、、、そんなわけにはいかず
はるの体とはお別れしなきゃいけません。
形見に尻尾の毛をもらいました。
先っぽだけ白いホタルみたいな毛。
ダンナさんも欲しいというので二人分カットしたら
ホタルな部分が無くなっちゃった。はるゴメンあせあせ(飛び散る汗)

0913-g2.jpg

泣く泣く火葬したら少し諦めもつきました。。。
魂は傍にいてくれるんだものね。
体は見えなくても一緒に居られるんだよね。
はるはお腹の癌もなくなって身軽になったんだよね。

たくさんのコメント本当にありがとうございます!
何回も何回も読ませていただき涙してます(T_T)
はるがこんなにも多くの方に気に掛けていただき
愛されていたこと、そんなはるの飼い主でいることが
出来た私たちはとても幸せ者です。

私は皆様がおっしゃってくださるような素敵な飼い主
ではなく、ダメダメ人間です。
はるにも「あーしてあげたかった。こーすればよかった」
と後悔がたくさん残っています。
はるが教えてくれたこと、伝えてくれたこと
しっかりと胸に刻んで生きていきたいと思います。

昨日から気の遠くなるような時間が過ぎた気がして
何だか疲れたような、気が抜けたような力の入らない
感覚でいます。少し充電します。。。

かわいい コメントの返事が遅くなりました。スミマセン

ニックネーム みさりん at 21:14| Comment(25) | 肝臓ガン@はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

永眠しました

今朝8時13分。
大きく伸びをしてゆっくりと息を引き取りました。

昨夜から痙攣発作が続き苦しい時間を闘いました。
やっと苦しさから解放されて
穏やかな顔で眠っています。

今日は家族でゆっくりと時間を過ごして
明日のお昼には天国に昇ります。

はるの最後の闘いは、また落ち着いたら
記録として残したいと思います。

応援してくださった皆さま
本当にどうもありがとうございました。

かわいい コメントの返事が遅くなりました。スミマセン

ニックネーム みさりん at 10:46| Comment(36) | 肝臓ガン@はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はる最後の闘い

落ち着いたら綴るつもりでしたが何かしてないと辛くて
今、一気に書いてしまいます。
辛い内容ですし、亡くなったはるのお写真も出てくる
ので、苦手な方はスルーしてくださいね。

この日、ダンナさんは泊まり勤務でいなかったため
最期は私とももで看取ることになりました。

9月11日のブログの続きです。
17:30に痙攣発作が始まりました。
四肢を突っ張ってバタバタともがいた後、
ウーと唸りながら臭いを嗅ぐようなしぐさをし
身体を硬直させ泡を吹き、バタバタと走るように
手足を動かすような痙攣が続きました。
はるが身体を傷つけてしまわないようバスタオルで
身体をくるむようにして支え続けました。
※声を掛けたり、身体を強く抑えたりすると発作がひどく
なってしまうので、ただただ支え見守ることしか出来
ませんでした。
発作の合間、呼吸が荒く苦しそうなので
シリンジで口に水を入れました。
発作の波は何度も襲ってきて、1時間続きました。
途中、病院に電話し痙攣発作が起こっているけど
「鎮痛剤」を投与していいものかどうか聞いてみました。
okだということで鎮痛剤を投与した後、
薬の効果なのか発作が治まりました。

発作が治まった直後のはるちゃん
0912-a.jpg

発作が治まって10分後、何と大好物の
レバーソーセージとちくわをガツガツ食べました!
発作で体力使って疲れたのかな?!

0912-b.jpg

それから2時間くらいスヤスヤと眠って安心していた
のですが、、、また呼吸が荒くなり舌がだらりと垂れて
苦しそうになりました。軽い痙攣も出ています。
この苦しみはいつまで続くんだろう、、、
先生の指示をもらって鎮痛剤を連続投与しましたが
治まる気配がありません。。。
先生に強い鎮痛剤を打ってもらいたい旨を伝えました。
強い鎮静剤を使うということは肝臓に負担が掛かるので
死期を早めてしまうことは承知でした。
だけど、辛い時間を長引かせるだけなら少しでもラクになって
最期を迎えてほしいと思いました。
22:30 夜間の手術を終えた先生のもとにはるを連れて行き
鎮痛剤と抗てんかん薬の注射をしてもらいました。
発作はおそらく痛みに耐えきれず出ているのだろう
ということでした。。。
鎮痛剤は8時間の効果ということで、明日の朝もう一度
打ってもらう予定で病院を後にしました。
23:00 過ぎに家に帰って来ましたが、なかなか荒い呼吸は
治まらず悲鳴のようないつもと違う声で鳴き続けていました。
1時間くらいすると呼吸が緩やかになり、
それから2時間くらいは落ち着いた時間が過ごせました。
私も添い寝しながらウトウトしていました。
深夜2:00頃から再び呼吸が荒くなりました。
呼吸数は170回/分を超えていました。
今にも息が止まりそうです。
舌は出たままですぐに乾いてしまうので、濡らしたガーゼで
水を含ませます。のども渇くだろうと口に入れても
舌で飲み込むということが出来ない状態でした。
明け方4:00頃からは少しずつ呼吸が穏やかになったり
激しくなったりを繰り返していました。
なかなか出てくれないと嘆いていたウンチは
呼吸に合わせて全部出てきてくれていました。
今思えば、もう旅立つ準備を始めていたのかな。。。

朝8:13
鎮痛剤を打ってもらうため病院に行く準備をしていて
はるにオムツを履かせようとしたとき
大きく伸びをするようにゆっくりと手足が伸びました。
「あ!、、、はるが逝っちゃう」と思い慌てて
「はるよく頑張ったね!偉かったよ!ありがとう」
と言った瞬間、フ〜と身体の力が抜けて行きました。
同時にはるの身体から大量のオシッコが出て行きました。
その時は不思議と涙も出なくて、、、
苦しさからはるが解放されたことにホッとしたような
そんな気持ちでした。
その後、私は何かに取り付かれたように
「はるの身体をキレイにしなきゃ」と思い
はるをシャンプーしました。キレイ好きなはるだから
自分が汚れているのは許せないはず。
それに女のコだもん。大好きなダンナさんとも
キレイな姿でお別れしたいよね!
とにかくじっとしているとおかしくなりそうで、
はるをキレイにして保冷材のベッドに寝かせて
お水とオヤツをあげて、あちこち掃除して洗濯して
霊園に予約して、先生に報告して、、、のあたりで
「はる、死んじゃったんだ」って
ようやく実感が沸いてきて涙が止まらなくなりました。
それでもまだいまいち実感がないので
はるがいない寂しさはこれから襲ってくるのでしょうね。
とっても穏やかなお顔で、今もパソコンを打ってる
私のことを見つめています。死んでるなんて嘘みたい。

0912-d.jpg

ももは、はるが亡くなったことは分かってるみたい。
昨日から旅立つことも分かってたみたい。
唯一のお友達であり、ももをいつも守ってくれたもんね。
これから寂しくなっちゃうね。。。

0912-c.jpg

ダンナさんは昨日から泊まり勤務でまだ帰って来てないので
はるには会っていません。電話で報告はしたけど。。。
はるは大好きなダンナさんを困らせたくなくて
ダンナさんのいないときを選んだんだね。
多分、はるが苦しむ姿を見てたら耐えられないと思う。
それにウンチ洩らしちゃったところも
見られたくなかったのかなー。女のコだからね。

今日は、いつも通りみんなで一緒に寝ようね。
明日にはこの世界での身体は無くなっちゃうけど
でもこれから先もずっと一緒だよ。
はるはずっとうちの子だからね。寂しくないからね。
安心して眠ってね。

※コメントのお返事はちょっと待ってくださいね。
涙ながらに読んでます。はるはたくさんの方に応援
してもらって、いっぱい愛されて幸せ!

ニックネーム みさりん at 08:13| 肝臓ガン@はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はるの命を奪ったもの

(2011年10月11日 追記)

はるの最期がとても苦しいものになってしまったこと
それは、私の判断ミスが原因だったかもしれません。

はるが鳴くのを見て「痛いんだ」と思った私は、とにかく
痛みを取ってあげたいと必死でしたが、、、
後になって冷静に考えてみると、あの日はるの体に起こって
いたのは低カルシウム血症の症状だったように思います。
もちろん末期癌による肝不全やその他の症状も同時進行で
旅立つのは時間の問題だったと思うのですが
もしあの時、低カルシウム血症の対処をしていたら
あんなに苦しまずに最期を迎えることが出来ていたんじゃな
いかと、、、後悔の気持ちが消せずにいます。

低カルシウム血症の症状は
落ち着きがない・パンティング呼吸・嘔吐神経過敏などの症状が現れ、次第に歩様強拘・頻脈になり、その後数分から数時間で起立不能・四肢の伸展・大量のヨダレ・瞳孔が開きっぱなしとなり、ついには強直性痙攣をおこします。痙攣が続けば呼吸困難、体温の上昇がおこります。そして、そのまま放置すれば、虚脱・昏睡して致命的。
はるは、この通りの経過をたどりました。
途中、抗てんかん薬を投与したことで痙攣は抑えられました
が、、、呼吸困難が続き体温が上昇、最期は昏睡状態のよう
になり息を引き取りました。

癌の再発が分かった7月の時点でカルシウム値は3,4mg/dl

評価の基準としては
・7.0-7.5mg/dl以下になると食欲不振、虚弱、振戦、運動失調などの症状が発生する。
・6mg/dl未満になると、テタニー(痙攣発作)や意識消失などの症状が現れる。

・4mg/dl以下になると、死亡する可能性が高い。

いつ亡くなってもおかしくないくらいの数値で、2ヶ月間
普通に生活していました。時間帯によっては標準値に戻って
いるときもあったようですが、基本4mg/dlを切ってました。
大きな発作が起こらなかったのが奇跡的でした。
私はド素人なので憶測にすぎませんが、、、
あの日、腹水を抜いたことで大きくバランスを崩し
カルシウム値が急激に下がり痙攣発作を起こしてしまったの
ではないかと思っています。
腹水を抜く決断をしたのは私でした。

はるに起こった痙攣はとても大きなものでした。
全般性強直間代性発作(大発作)という状態でした。
全身が硬直し、「強直性痙攣」と呼ばれる転げまわったり足や口を細かくガタガタと震わせたりする症状が数十秒続いたあと、「間代性痙攣」という足の曲げ伸ばしをしたり犬かきのような動作をしたりする症状が数十秒から数分間続きます。
発作の間、動物には意識がなく、泡を吹いたり排泄をしたりすることもあります。
発作後は普通の状態に戻ります。


この状態が1時間続きました。重積発作です。

全般発作が15分以上続いたり、発作と発作が続けて起きたりする状態を「重積発作」とよびます。
重積発作は脳壊死などの重大な症状につながったり、生命にかかわる恐れがあるため、救急処置が必要となります。
重積発作が現れた場合はすぐに獣医に連絡し、ジアゼパムなどの抗けいれん薬を静脈に注射してもらうことが重要です。
それでも症状が治まらない場合は違う種類の抗けいれん薬を注射します。
重積発作は高度の緊張状態を伴うため、高熱症や低酸素症を併発する場合もあるので注意が必要です。

25分以上で脳へのダメージが避けられないと聞いたことが
あります。すぐに病院に連れていくべきでしたが、1人だっ
たので運ぶことが出来ず、ただはるが体を傷つけないよう
体を支えて見守ることしか出来ませんでした。
いずれにしろ痙攣発作が起こる可能性は充分にあったのだか
ら、抗てんかん薬をあらかじめもらっておけばよかったと
後悔しました。。。
とりあえずもらっていた鎮痛剤を投与して治まりましたが、
薬の効果なのか自然と治まったのかは分かりません

この時対処が遅れたのは、大きな発作ではるの心臓が止まる
ことを願っていた自分がいたからだと思います。
前日から鳴き叫ぶようになり、このまま痛みと苦しい時間が
続くのなら、意識を失うようなこの発作で終わりにするのが
はるにとっては楽なのかもしれないと思ったのです。
ですが何度発作が起こってもはるの心臓は動き続け
結果としてもっともっと苦しい時間が続くことになりました

発作の後2時間は落ち着いていたものの、また呼吸が荒くな
り鳴き始めたので、大きくなった癌による圧迫で痛みが出て
いるものと思い、病院に連れて行き鎮痛剤と抗てんかん薬の
処方のみお願いしました。
帰って来てからもなかなか症状は治まらず、訴えるように
私を見て鳴いていました。顔にチック症状が出ていたので
改めて抗てんかん薬の座薬を入れたところ、鳴くのは治まり
2時間ほどは比較的穏やかに過ごせたと思います。

その後は呼吸困難の状態が続きました。
とても苦しい時間でした。
携帯酸素や酸素室を用意しておかなかったことを後悔しま
した。夜間病院に連れていくことも考えましたが、もうこれ
以上はるを連れまわすのもどうかと思い、そのまま様子を
見てしまいました。
強い鎮痛剤を打ってもらって、もうこれ以上の医療行為は
ないだろうと思っていたけど、、、あのとき低カルシウム血
症の対処をしてもらっていたら、あの苦しい呼吸困難は避け
られたんじゃないかと思えてなりません。
低カルシウム血症は、カルシウム剤の静脈注射か点滴で改善
されるはずです。
きちんと症状を把握出来なかった私の責任です。

亡くなる4時間前くらいから呼吸困難の激しさが落ちてきま
した。何となくはるの意識が体から抜けようとしている感覚
がありました。でも「はる!」って呼びかけると
こめかみがピクッと動いたので「あぁ、まだ意識があるんだ
まだ苦しみを感じているんだ」と思いました。
その頃から独特の臭いがはるから出ていました。
後で気づいたのですが、すでに死臭が出始めていたようです
旅立ちに向けて、体の機能を少しずつシャットダウンし始め
ていたんだな、、、と思います。
そしてそのまま最期の時を迎えることになりました。

私の心に引っかかっているのは、
低カルシウム血症の説明にあった
「そのまま放置すれば、虚脱・昏睡して致命的」という一文

私が症状に気付かずに、結果として
そのまま放置したことで死に至らしめたということ。
もちろん、どんな手を尽くしたところで亡くなるのは時間の
問題であったとは思いますが、、、
判断を誤らなければ、もっと楽な最期を迎えられたかもしれ
ないという思いが、どうしても消せずにいます。
可愛い可愛い大切なはるを、あんなふうに苦しみの中逝かせ
てしまったことが悔しくて、申しわけなくて。

はる、ごめんね。  はる偉かったよ。
「痛い時、苦しい時は教えに来るんだよ」って言ってたから
発作の起こる前や痛い時は、ちゃんと教えに来てくれた。
なのに何もしてあげられなくてごめんね。
だけど、ちゃんと頼ってくれたこと嬉しかったよ。

はるは今までも精一杯頑張ってきた犬生だったから
最期くらいは眠るように逝かせてあげたかったのに、、、
最期の最後まで頑張らせてしまってごめんね。
たくさん闘って疲れただろうから
天国でゆっくりゆっくり休んでくださいね。


ニックネーム みさりん at 00:00| Comment(0) | 肝臓ガン@はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

痛みが出たみたい、、、

昨夜「ゆっくり眠れるといいね〜」とブログに書いた直後
寝ていたはるが突然悲鳴をあげました。
それから1〜2時間間隔で悲鳴を上げ、突然立ち上がって
室内を走り、ソファの下や家具の隙間に隠れて出てこない
という行動を夜中じゅう繰り返しました。

ダンナさんと私で「大丈夫だよ〜」と声を掛けながら
撫でていましたが、怯えた目付きで逃げてしまいます。
そしてしばらくするとそばに寄ってきて大人しく
撫でられているということの繰り返し。
声を掛ければ私たちを見るので、意識はハッキリしている
様子。痛みが出ているのか、肝性脳症のような神経症状
なのか判断がつかず夜間動物病院に電話してみましたが
診察していないので判断出来ないし、末期の癌であれば
そういう症状が出てもおかしくないということで、、、
とりあえず鳴き続けるわけではなく、鳴いた後もすぐに
落ち着くので様子を見ていたところ、4時頃には落ち着
いて疲れたように眠りました。。。

朝一で病院に行くと「内臓が引きつれるような痛みが
出たんでしょう」ということ。
かわいそうに、、、はるは自分が病気だと分からないから
どこからか攻撃されていると思って逃げ回ってたのね。
とりあえずかなりお腹もパンパンなので、腹圧を下げれば
臓器への圧迫も軽減されるかも、、、ということで
腹水を抜いてもらうことにしました。

体の負担にならないよう半日預かりで少しずつ抜くよう
提案していただいたのですが、、、はるは預けられるのが
苦手です。精神的な負担も考えて、体の負担にならない
程度の量だけその場で抜いてもらうことにしました。
300ml抜きました。抜いた腹水は血液そのまんまの色を
していました。。。

痛みが出てきたときのために「鎮痛剤」もいただきました。
はるは、とっても痛がりさんです。
爪を短めに切っただけでも悲鳴を上げる子です。
痛みは出来るだけ取ってあげたいです。

病院から帰って来てから、血圧が下がってるのかなー
足元フラフラです。ただ食事は食べることが出来ました。
起き上がるのが辛いようでずっと横になっていますが
苦しそうな感じではないので大丈夫かな。

0911.jpg
毛がゴッソリ抜けたら、耳が立つようになってきた。

気になるのは昨日も今日も便が出てない〜
毒素が体に回らないよう、下痢でもいいから出して
くれるといいのだけど。
お水を大量に飲んでる割にはトイレにも行きたがらない
ので時間ごとに外に出してオシッコしてもらってます。
体がだるくてトイレに行くのも面倒なのかな。。。
面倒なら垂れ流してくれれば良いのだけど、
そこははるのプライドが邪魔して出来ないみたい。
たまにオシッコはもれちゃうけど、自分でビックリして
汚れないよう逃げてる。
はるちゃんキレイ好きなのよね。。。

今夜は、ただただ痛みが出ないことを祈ります!

昨夜、はるを励まし続けて眠れなかったダンナさん。
今朝は胸が痛くて体をかがめることが出来ないと
言いながら出勤して行きました。心労だろうなぁ。
今日は泊まり勤務だけど大丈夫かしら、、、
こちらも心配です。

病院 免疫療法のH動物病院
腹腔内貯留液抜去 300ml
処方薬(スタドール注)鎮痛剤

今朝家で計った体重は6,3kg
1kg以上余分なものが、、、
ニックネーム みさりん at 15:44| Comment(2) | 肝臓ガン@はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

低血糖症!?

お腹は日に日に大きくなって、食欲も低下。
呼吸も浅く早くなってきて、横になっているときは平気
なんだけど、体を起こすとハァハァ舌を出して口呼吸。

0910-a.jpg

昨夜は大きなお腹が苦しいのか、横になったまま
右になったり左になったり仰向けになったり
一晩中身の置き所が無いようにバタバタと動き続けました。
寝る前に食べたオヤツは吐いてしまいました。
嘔吐は1回のみで、朝は少しご飯を食べ
その後、疲れたのかようやく眠れました。

かなりお腹が大きくなってます(涙)
0910-c.jpg

今日は再診日だったので午前中に病院に行ってきました。
腹水も抜ける程度には増えていましたが、
まだかろうじて食欲があるのと、横になっていれば呼吸も
落ち着いているので、抜くのはもう少し限界まで待って
みることにしました。
体の循環が悪くなっており、前回の補液の後に体が重く
しんどそうだったので、、、今日の補液はパス。
吐き気止めの注射のみ打ってもらいました。

お昼に家に帰ってきてご飯をあげようとすると
何をあげても拒否。その後、ハァハァしながら
何かを訴えるように私のところにやってきたので
横にして撫でていると呼吸は見る見るうちに速くなり
舌が床にダランと垂れた状態になってしまいました。
目はカッと見開いた状態です。
呼吸は1分間に140回程度。かなり苦しそうです。

「死んじゃう〜あせあせ(飛び散る汗)」と慌てて病院に電話をし
先生に状況を伝えました(時間外なのにスミマセンです)
先生に舌の色は正常で歯ぐきも白くなっていないことを
伝えると、「30分様子を見てもう一度お電話ください」
とのこと。

電話を切ってから、食事の間隔が7時間あいてることに
気付き「低血糖かも!?」とブドウ糖をシリンジで投入。
しばらくすると垂れていた舌がお口の中に戻り
はるもウトウト眠そうな感じになりました。

30分後、先生に状況を伝え「お騒がせしました」と一言顔(汗)
「2時間後にもう一度ブドウ糖をあげて、様子見して
ください」とアドバイスいただきました。
ブドウ糖で落ち着いたから低血糖だったのかな。
低カルシウム血症の可能性もあるけど。。。
そういえば、以前症状が出た時も、
はるは、ちゃんと教えに来てくれてました。
いつも「苦しくなったら教えてね」って言ってあるから
ちゃんと教えてくれたんだよね。
もっと早めに気付いてあげなきゃダメだね。ゴメンねたらーっ(汗)

その後、夕方まではフラフラした状態が続きました。
症状が出てから3時間後にトイレに出したとき
下下下
0910-b.jpg
そのままへたり込んでしまいました。
まだフラフラしています。

夕方になって食欲も多少出てきました。
今日の夕ご飯はプライムケイズシリーズ
下下下
0910-d.jpg
蝦夷鹿荒挽きパラパラミンチ
栄養のめぐみスープ
嵐山善兵衛の健康一番


結局、肉しか食べてませんでしたけど。。。
あとはダンナさんの夕食時に、ちくわとリンゴを
もらってました。サンマの刺身は拒否。
少しでも食べられてヨカッタ!
今日はゆっくり眠れるといいね〜

病院 免疫療法のH動物病院
皮下注射(セレニア)
処方薬(セレニア)

ニックネーム みさりん at 21:37| Comment(3) | 肝臓ガン@はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

末期ガンの子に食べさせるご飯

食欲が落ちてきていますが、まだ好きなものは
食べているはるちゃん。胃を圧迫しないよう
肝臓に負担を掛けないよう、少量ずつ消化のいいものを
食べさせるようにしています。
ここ2日は体の震えは出ていないようです。

大きく腫れて固くなっているお腹に違和感があるようで
いろいろ寝相を変えながら横になってます。
0909-d.jpg

いろんな方のブログで、末期癌で食欲が落ちてくると
日々趣向が変わる、、、みたいなことを書かれてる方が
多かったのですが、はるもまさにそのパターン!

昨日まで喜んで食べていたものを突然拒否したり
いままで食べなかったのに突然食べ始めたり。
その日、何を食べてくれるのか分からないので
色んな種類を用意して食べれる物を探します。

食欲が無い時でも比較的食べてくれるのがコチラ
下下下
0909-a.jpg
左からナチュラルハーベストのポークソーセージ
プライムケイズのレバーソーセージ
ニュートリスタット
ただ7月末に5日間食欲廃絶した時にはコチラもダメ。
強制給餌しても吐いてしまう状態だったので
そういうときは諦めて点滴してもらったほうが
良いのでしょうね。。。

嗜好性の高そうなものもスタンバイしてます!
ニャンコ用でも何でも、いざとなったら何でもあり!
人間用のちくわとかもね〜
下下下
0909-b.jpg

しばらくは缶詰ブームが続いてて、
缶詰以外は食べなかったのですが、、、
1週間前くらいから突然、缶詰拒否!
ボツになった残念な缶詰さんたち。でもまた食べるかも!?
下下下
0909-c.jpg

缶詰食べてるときは便が緩くなりがちだったので
メインはスペシフィックのCIWでした。
今は口に持っていくとそっぽ向いちゃうけど顔(汗)

最近のメインはふやかしフード+鹿肉(馬肉)
昨日のメニューはこんな感じです
下下
5:00 ニュートリカル3舐め
6:00 フード8g+鹿肉35g
10:00 缶フード20g
12:30 フード8g+鹿肉35g
16:00 焼きカツオ20g
18:00 フード8g+鹿肉35g+缶フード少々
20:30 目玉焼きの黄身(半個分)+焼きカツオ2〜3口
24:00 フード5g+鹿肉20g

6時間ごとにメインで、その間はオヤツ
回数多いけどトータルは少ないです。
でもこれだけ食べてくれれば全然いい!
肝臓で栄養を作れないのでこまめに栄養補給
腫瘍に押されて胃のスペースが少ないので少しずつ
食べてもらってます。でないと苦しくなってしまう。。。

なんかね、、、消化器働き続けて大丈夫なの?
って気もするのですが、、、
こまめに食べないと低血糖でフラフラし始めるし〜
もうどうしたらよいものか^_^;

フードは肝臓サポートを食べていたけれど、突然ダメ
になり今はアズミラ。こちらも昨日から残し始めたので
dbfの離乳用の缶詰を混ぜたところ食べました。

鼻と舌がものすごく敏感になっていて
食べる前に臭いを嗅いで、ちょっとでも気に入らないと
食べてくれませんもうやだ〜(悲しい顔)
粒錠のサプリはどんなに小さく砕いても見つけるし
粉状のサプリは臭いでアウトあせあせ(飛び散る汗)
結局、たくさん用意したサプリ類も今はストップしました。
AHCCのリキッドだけはまだ平気。
はるはもともとお野菜が好きでないので
ベジタブルサポートは食べてほしかったのだけど
もう無理みたいです。。。

本当はお魚メインにしたいとこだけど、、、
はるはお魚好きだけど2口以上の量を食べると
お腹が緩くなる傾向があって、、、
鶏、豚、牛なども量が多いとダメなので
病食によく登場するササミもメインにすると厳しい。
今のところ鹿、馬メインです。
もともと元気な時は生で与えていたのだけど
調子が悪くなってからは、少し火を通したものの方が
食い付きが良くなりました。なんだろー
お肉を食べるとアンモニアが発生しやすくなるから、、、
とか心配はあれど、ここまで来たら食べるものは
何でも!な感じです。

でも食べ物に対する興味はまだ全然あります!
体がだいぶしんどくなってるのに
ダンナさんが食事をするときは膝に上りたがります。

0909-e.jpg

「おこぼれちょうだい!」するために
ダンナさんが食事を終えるまで絶対に膝から降りようと
しません。あまりにも涙ぐましいので夕食時には
「はる用のごはん」も用意するようにしました。
ダンナさんがあげるとよく食べます。
テーブルからもらうと美味しい気がするんだろうね〜

昨日からお散歩がしんどくなってきました。
辛そうなのでオシッコと気分転換程度で済ませてます。
食欲も昨日よりは落ちてきてるかな、、、
でもまだ食べてくれてるから救われます。

テーブルの上を物色中目
0909-f.jpg

前回、まったく食べられない日が続いた時
焦るし不安でいっぱいになりました。
どうしても食べること=生きることって考えられるから。
でも7月に食べられなくなった時、強制給餌を嫌がる
はるを見ていて、今度食べられなくなったら
強制給餌は止めようと思いました。もちろん飲み込む力
が無いだけとかだったら強制給餌でサポートするつもり
ですが。。。体がしんどくない程度に点滴や注射で
体を維持して、あとは自然に任せようと思います。
今は、食べられたらラッキー!くらいの気持ちでいます。

生きてるうちに、食べれるうちに
美味しいものいっぱい食べようね!!



ニックネーム みさりん at 11:52| Comment(6) | 肝臓ガン@はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

お腹ポッコリ肝腫大

日々、お腹が大きくなっていくはるちゃんあせあせ(飛び散る汗)
ここ数日の体重変化です
下下下

9/1  5,61kg
9/2  5,67kg グッド(上向き矢印)
9/3  5,72kg グッド(上向き矢印)
9/6  5,86kg グッド(上向き矢印)
9/7  5,91kg グッド(上向き矢印)

途中、怖すぎて測って無い日もありますが。
食べてないのに体重は増量し続けてます。
肝腫大と腹水のWパンチだと思っていましたが、、、

0907-a.jpg

今日病院でエコーで確認していただいたところ
腹水は少ししか溜まっておらず、増量分は
ほぼ癌化して大きくなった肝臓のせいだそうですがく〜(落胆した顔)
毎日こんなに大きくなっていくなんて、、、
いったいどこまで大きくなるおつもりかしらあせあせ(飛び散る汗)

肥大した肝臓が他の臓器を圧迫し始めています。
食欲が落ちているのもお腹の調子が悪くなっているのも
このせいなのですね。。。

今日は襟巻のように首に補液が入ってます。
内臓を圧迫しないように、なのかな?
0907-b.jpg

震えについては低血糖か低カルシウム血症だと思って
いたのですが、食後に震えることが多いので違うかも?
と思って聞いてみたところ、、、
ご飯を食べると胃が引きつれて痛みが出るのかも
とおっしゃってました。
肝臓が胃を邪魔するからだわ。まったく!

普段は苦しそうというよりは、ダル〜イ感じです。
肝機能低下も肝臓癌も自覚症状としては
「ダルイ」みたいですね。。。
1日ゴロ〜ンゴロ〜ン転がってます。

でもお散歩は朝夕元気に行けてます。
ダンナさんが帰ってくれば、
相変わらずソファに飛び乗って歓迎ダンスを
披露してるし、まだまだ元気に動けまするんるん

病院の後、お散歩に出かけましたるんるん
0907-c.jpg

昼間はまだまだ暑いけど、
朝夕はすっかり秋の風ですね〜紅葉
はるが少しでも心地よく過ごせるといいな。。。

病院 免疫療法のH動物病院
皮下補液 300ml
皮下注射(セレニア)
処方薬(セレニア)吐き気止め再開です

体重 6,00kg

ニックネーム みさりん at 12:27| Comment(2) | 肝臓ガン@はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

お腹パンパン、、、食欲ダウン

何でも食べていたのが嘘のように
また缶詰しか食べない日が数日、、、
今夜は缶詰も拒否。でも大好物の焼きカツオはペロリ

1週間前くらいからお腹が張って来ていて
今はかなりパンパンな感じです。

0905-d.jpg

多分、肝臓の肥大と腹水のWパンチあせあせ(飛び散る汗)
今回の食欲不振は吐き気ではないようなので
おそらくこのお腹ポッコリによる膨満感で
食欲が無くなっているのだと思います。

ただ、まだ全く食べられないわけではなく
呼吸もさほど苦しい様子ではないので
まだ腹水を抜かなければいけないような状況でも
無いかな。。。とにかく散歩に出してオシッコ
たくさんさせてます。散歩に出る元気はあるの!
でもお水飲む量がハンパ無いせいもあるのか
お腹はちっともへっ込まず(>_<)
肝臓もかなり限界に来てるのかな、、、

0905-c.jpg

今朝は胆汁嘔吐を1度。
その後、ご飯食べたけど嘔吐はなし。

気になるのが2〜3日前からの小さい震え。
横になって寝ている状態で足がブルブルッと震える。
体が震えてることもある。
でもしばらくすると治まってる。
多分、低血糖か低カルシウム血症の軽い症状かなー
と思ってます。痙攣が起こらないようこまめに
食事をあげてるけど、、、
食欲なくなってくると厳しいなーーーー。

いずれ肝機能がSTOPして毒素が脳にまわれば
肝性脳症の痙攣が起こるかもしれないけど、、、
まだその段階ではないと思います。

0905-a.jpg

今朝は結構長い時間震えていたので心配になって
とりあえず病院に行ってみたんだけど
病院がものすごく混んでて、、、
待ち時間お散歩しながら待ってたんだけど
はるが「帰ろう!帰ろう!」言いだして
その頃には震えもすっかり治まり元気になって
たので「今日は大丈夫そうなので、また来ます〜」
と言って帰って来ちゃった(笑)
ドライブを楽しんだだけのはるは満足げるんるん

はるにしてみれば、出来るだけ病院に行く回数は
減らしたいよね。私は病院行くと安心するんだけど。
でも処置が必要な症状が出るまでは
なるべくお家で対応するほうがいいのかもね。

食べれるもの食べて、オシッコいっぱいして
明後日の再診日まで大人しくしてましょう。

ニックネーム みさりん at 19:30| Comment(3) | 肝臓ガン@はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

う〜ん、、、ゆるやかに下降線

ここ数日で、少し体調がダウンバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
調子の良い時は治まっていたのですが
また多飲多尿が始まっています。
体に毒素が溜まってくると自力で出そうとするので
多分、体の中でまた良からぬことが
起こり始めているようです。

0903.jpg

それとともに食欲が落ちてきました。
といっても、まだ好きなものは食べてくれているので
嘔吐が始まるまでは大丈夫かな〜〜〜〜
肋骨が張ってきているので、また癌が活動し始めたかも。
ダルイようで横になっていることが多いです。
昨夜は小刻みに体が震えることもあったので
また体の中で炎症が起こっているのかな、、、
かなり疲れやすくなっているので、
お散歩も控えめです。

大きな癌が体の中にあるので、これからも
体調が急激に悪くなることは覚悟してるけど、、、
神様〜あまりはるを苦しめないでねー!

ニックネーム みさりん at 12:39| Comment(4) | 肝臓ガン@はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月31日

活性化自己リンパ球療法 第3回目

癌と闘う兵隊さん(はるの培養活性化したリンパ球)を
本日も注入してきました! 頑張れリンパ球!!

病院へ向かうはるちゃん
0831-a.jpg

しばらく続いていた軟便も、ご飯の量と内容を調整したら
すっかり治り、数日前から健康ウンチですフン
散歩も行きたがるので普通に朝晩2回歩いてるし
食欲も旺盛で、1日4食のご飯+オヤツを完食。
普通の子と何ら変わりなく生活出来てる今日この頃です。

さらに、今日はうれしい事が一つ黒ハート
日々「破裂する〜破裂する〜破裂したら死んじゃう〜」
と気を揉んでいたのう胞が、な、な、な、何と!
消えました!!

下のエコー画像の黒い部分のう胞(シスト)です。
下下下
0831-b.jpg

今日、先生がエコーで確認してくれたところ
上ののう胞が無くなっていたのです。
「吸収されたんでしょう」とのこと。
そんなことってあるんだ〜
破裂の恐怖が少し和らぎました。よかった!

ボコボコの腫瘍化した肝臓は相変わらずのようですが
(これはもう良くなる状態ではないので仕方ない)
大きくはなってないとのこと。
どちらかというと縮小傾向!やたー!!
リンパ球が上手く働いてくれて
癌が休眠状態になってくれてるのかな。
何にせよ6月の急成長ぶりだったら、今頃はとっくに
命が無いものね。お願いこのまま眠ってて〜〜〜〜

牛丼チェーン「すき家」に熱い視線を送るはる黒ハート
0831-c.jpg


ひとつ心配なのは体重増加グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印) また増えた
ガンに侵されてると一般的には体重が減ります。
癌性悪液質と言って食べても食べても痩せてしまうのです。
今の状況で考えられる体重増加の原因は、、、

@ 腹水がたまってる
A 肝腫大(癌によって肝臓が腫れる)
B デブになった


前回6kg(通常5,5kg)まで増えた時は肝腫大でした。
今回はエコーで確認した限りでは@Aではないので
、、、う〜ん、デブになった???
食事内容をもう少し見直して、様子見します(汗)
毛がごっそり抜けたから痩せて見えるんだけどねー
体重が増えても減ってもドキドキですあせあせ(飛び散る汗)

病院 免疫療法のH動物病院
皮下補液 300ml
※調子がいいので吐き気止めは中止

活性化自己リンパ球点滴投与3回目
活性化自己リンパ球4回目用採血

体重 5,8kg


ニックネーム みさりん at 19:30| Comment(9) | 肝臓ガン@はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

元気過ぎる、、、です (^_^;

今日は朝から涼しくって絶好調だったはるちゃんグッド(上向き矢印)
全力疾走したり、飛んだり跳ねたり、
少し疲れやすい以外は、元気な時と変わりません。

暴れまわっているときの動画は撮ってる余裕がないので
これは前夜の動画だけど下下
音注意!!(ももがワンワンうるさい〜犬(怒)


テンション上がると今まで通り暴れるので心配あせあせ(飛び散る汗)
はるが暴れたいのだから好きにさせてあげたい
気持ちもあるのですが、、、腫瘍破裂の恐怖が顔(汗)

※はるの腫瘍化したボコボコの肝臓には、結構大きな
のう胞も出来ているようで(水ぶくれみたいな感じだけど
中身は血液らしい。大きな血管で肝臓とつながってる
みたいです。癌は自分が栄養を取るために勝手に血管を
どんどこ作っちゃうのね、やな感じ〜)

で、のう胞がプシュッと潰れたりすると以前のように
腹腔内出血を起こし、そのまま失血死の可能性が高く
なってしまうのです。だから「安静に」と言われてる
のですが、、、はるに自覚症状がないとねーーー
病気さえなければ、まだまだ若くて元気な子なので
調子が良ければ大暴走しちゃうのね、、、

あまり行動を制限し過ぎてストレス掛けるのも
かわいそうなので、ある程度は自由にしてます。
ただ、ももと取っ組み合いのドッタンバッタンや
大暴走はなるべくセーブする方向で努力してます顔(汗)

食欲も旺盛で、しばらくは缶詰しか食べなかったけど
今は何でも食べてます。ただお腹の調子がいまいちかな。
下痢にはならないけど柔らかめの便が続いてる。。。
回数は増えてないけど便の量が多くて臭いがあるので
小腸に問題があるようです。小腸悪いと栄養の吸収が
上手くいかないので心配ですが、いまのとこ体重は
そんなに落ちていないのでまだ大丈夫かな。
脂肪分を減らして食事量も落として
消化吸収性の良い食事内容で様子見です。

といいつつ、、、今日は焼き肉だったので
お肉のお裾分けしちゃった。豚ハツは脂肪分が少なそう
だったからちょっとだけね〜〜〜

ニックネーム みさりん at 23:59| Comment(0) | 肝臓ガン@はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

お礼&通院日

保護犬時代のはるがmikiさんにお預かりいただく前に
ショートステイでお預かりいただいたあさ母さんより
サプリをいただきました!!

0824-a.jpg

ビーポレン!
はるも最初に癌を発症した時から飲んでます。
ちょうど残り少なくなっていたところなので、
とってもありがたいです!!しかもこんな大きな袋で。
わが家はせこいので小さい袋でしか買わないのですが
私が度々、味見するのですぐになくなっちゃうのです(汗)
お心遣い本当にありがとうございました<(_ _)>

さて、今日は通院日でした病院
調子がいいので通院も1週間に1度。解毒のための
補液のみになったのでラクチンでするんるん

本日の質問&相談Hello
「このところ便が緩いのですが、、、」
缶詰食になってから軟便ぎみではあったのですが
ここ2〜3日は下痢に近いときもあって相談。
ただ食べさせ過ぎと色んなものをあげたからという
可能性も大きいので、、、

先生曰く「体重の増え方から見ても、だいぶ頑張って
食べさせれているようなので少し調整してください」

やっぱり食べさせ過ぎか、、、(汗)
しかも脂肪分の多いケーキとか食べちゃったしね。
「薬でコントロールするのは簡単ですが、まずは
ご飯の内容と量を調整して見てください」
とのこと。
食べれるうちに!と思って頑張り過ぎたわねあせあせ(飛び散る汗)

次の質問Hello
「毎日ごっそり毛が抜けるんですが」
すごい勢いで毛が抜けてて、、、
今はモフモフ時の1/3くらいになってます。
ガンのせいもあるのかな〜と思ったんだけど、、、
先生は「遅ればせながら夏毛への換毛だと思うので
心配なし」
とな。

ついでに「シャンプーしても良いですか?」
はるちゃんもう2ヶ月洗ってないのあせあせ(飛び散る汗)
ブラッシングと体拭きは毎日やってるけど
いい加減に洗いたい、、、
先生は「いいんじゃないですか」って。
洗おういい気分(温泉) さっそく洗おういい気分(温泉)

あともう一つ質問Hello
左の腰骨付近に脂肪腫らしきシコリを発見したので報告。
脂肪腫なら別にいいんだけど、最近注射や点滴でいっぱい
針刺してんでその影響とかあるのかな?と思って。

0824-b.jpg

だけど先生も多分「脂肪腫」だろうと。
実際は針刺して調べたりとかしないと正確なことは
分からないんだけど、たとえ悪性のガンが発見され
たところで今の体の状態じゃ何も出来ないしね。
今さら1個や2個ガンが増えたところで、、、
なので放置(笑)
来週は3回目の活性化自己リンパ球療法です。

病院 免疫療法のH動物病院
皮下補液300ml

体重 5,74kg


ニックネーム みさりん at 14:34| Comment(2) | 肝臓ガン@はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

はるちゃん6歳のお誕生日♪

今日は、はるバースデー 6歳のお誕生日 バースデー
保護犬だったので正確なお誕生日は分からないのだけど
うちに来たのが約8カ月齢だったので、
逆算して8月22日をお誕生日に決めたのでした!

0822-a.jpg

先月の余命宣告があったので、6歳のお誕生日は迎えられ
ないかもって覚悟してたけど、
こうして元気にお誕生日が迎えられて感激ですもうやだ〜(悲しい顔)
6歳ってまだまだ若いんだもの、はるちゃん頑張ろうね!

このところ食欲旺盛で、ケーキの撮影準備をしている間も
食べたくてソワソワ下
0822-b.jpg

切り分けようと思っている間にガブッ!!
下
0822-c.jpg

今年はワンコ用苺のロールケーキ

0822-d.jpg

目ん玉飛び出そうなくらい美味しかったそうです黒ハート

0822-e.jpg

ディナーは馬肉のハーブシチュー(レトルトだけど)
しかもPOCHでお買い物した時のオマケだけど。
でも私たちの晩御飯のチキンステーキより高級よ!

0822-f.jpg

ガツガツとお召し上がりになりましたクマ

写真をご覧になっても分かる通り、元気です!
走る!飛ぶ!暴れる!
ドッグランに連れて行ったら、おそらく走るでしょう。
うっかり末期癌だと忘れそうになるくらいに元気です。

ただはるの腫瘍は、いつ破裂してもおかしくない状態
なので安静にしておいてほしいのだけど、、、
(興奮や運動で血圧が上昇したり、激しい動きは破裂の
引き金になってしまいます)
でも本犬に自覚がないから暴れちゃうのよね〜〜〜
特にダンナさんが帰って来た時の興奮っぷりは
おそろしい、、、、
動画(音が出るので注意)下下下


ね、ガンに見えないでしょ!
最近は、ももにプロレス仕掛けたりもするし
目が離せません。お願い安静にして〜〜〜〜

ニックネーム みさりん at 19:53| Comment(13) | 肝臓ガン@はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

サプリメント

はるの飲んでるサプリを一挙ご紹介!
まずは病院で処方されてるものからね〜

1年8か月前の癌の手術以降処方されているのが
PEヘパテクトPEラジカルZn プラス
どちらも肝臓をサポートしてくれるサプリです。
下下下下下
0820-a.jpg

癌が再発してから処方されたのがPE  AHCC&GCP
免疫アップのサプリですね。
ところが最近、錠剤を飲ませるのが難しくなってきて
私の独断で他のメーカーのリキッドタイプに変更。
イムファン(核酸と葉酸もプラスされてます)
ご飯に掛けても気にせず食べてくれます!
下下下下下
0820-b.jpg

ここから下は、私が勝手に飲ませてるサプリくすり
まずは癌に効果があるとされてるイペット
癌の手術以降1日1粒で続けてきたのだけど
再発後は1日2粒に増量してみました!
下下下下下
0820-c.jpg

肝疾患対策サプリのベジタブルサポート
一般向けのものを使っていたのですが、コチラ
病院向けのものが購入できるようになってからは
ドクタープラスを使っています。
下下下下下
0820-d.jpg

オメガ3系不飽和脂肪酸はがん細胞の増殖を抑制する
効果があると言われてます。
今までもサーモンオイルや、亜麻仁油を食事に加えて
きたのですが、最近使用しているのはプライムケイズ
オメガ3フィッシュオイル EPA+DHA
粒になってるのでベトベトしなくて扱いやすい!
下下下下下
0820-f.jpg

再発後に使い始めたのが、手作り食で有名な
須崎動物病院から出ているマジカルパウダー
細菌・ウィルスのデトックスに効果があると言われてます
下下下下下
0820-e.jpg

はるが肝臓癌になってしまった原因として
密かに「ウィルス感染」を疑っているワタクシ。。。
だってこんなに若くして癌になるなんて、、、
遺伝と言ってしまえばそれまでだけど。
食事には気を付けてきたし、たとえ食事内容に問題が
あったとしてもそれが原因で発病する年齢ではないし。

人間の肝細胞癌の原因は、ほとんどが肝炎ウィルス
による感染と言われてます。
ワンコの場合、原因は「不明」と言われるけど
何らかのウィルスに感染して正常肝細胞に作用して
突然変異をおこさせ癌化させる、、、という
人間と同じことが起こっても不思議は無いのでは?
というわけで、、、
ウィルスのデトックスを始めてみました。
もっと早くにやっておけばよかったな〜

以上、7点のサプリは必ず飲ませているものです。
でも癌が再発してからはすごく匂いや舌触りに敏感に
なっていて、飲ませるのに苦労するものもチラホラ。。。

他に消化酵素、カルシウム剤、ビーポーレン(蜜蜂花粉)
納豆粉末などなどいろいろあるのですが、、、
様子を見ながら加えてます。

最初に癌を発病したときには本当に藁をもすがる思いで
いろんなサプリを買いあさりました。
プロポリス、サメ軟骨、フコイダン、トランスファーファクター
などなど、、、一時期、漢方も試していました。
その中で、体に合わずに吐いてしまったものとかは
即効中止。。。でも高価なものなので、私とももで
残りを飲みつくしました(笑)
今続けているものも、効果があるのかないのか
まったくもって不明(笑)いっぱい飲んでるから
どれが効いて、どれが効いてないのかも分からん。
でもどれかが効いてるかも!?と思うと
どれも止められない〜〜〜〜〜〜あせあせ(飛び散る汗)
免疫療法の先生からは「サプリが効くこともあるから
今飲んでるものは続けてください」と言われてるし。
※免疫療法の病院では新たなサプリの処方は無し。

サプリも結構、お値段がお高いものが多いので
本当に効果のあるものだけを厳選して使いたいもの
ですが、、、なかなか見極めが難しいところが
悩ましい。。。。。

ニックネーム みさりん at 08:00| Comment(1) | 肝臓ガン@はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

庭へのスロープ新設!

うちの子たち、トイレは基本『外派』です。
はるは間に合わなければ室内のトイレシートを
使ってくれますが、本人(犬)的には
「出来れば外でしたい!」と主張しておられます。

0819-a.jpg

トイレに行きたくなるとアピールするので
その都度私が庭にに出すようにしています。
元気な時は、この縁台から外にピョ〜ンと
飛び降りていたのですが、、、癌が再発したあたりから
段差の上り下りが難しくなってきました。

0819-b2.jpg

先月悪化した時には、歩くのもフラフラで危ないし
抱いて下ろそうとしても胸の部分が痛いようで
触られるのを嫌がるので困ってしまいました。。。
そこでダンナさんにお願いして『スロープ』
作ってもらいました!!

0819-b.jpg

最初は踏み台だけを用意してもらったんだけど
あまりに調子の悪い時は踏み台も難しいので
スロープを新設! 滑り止めも付けてもらって完ぺき!
はるちゃん、さっそく利用してますクマ

怖がって使わないかな〜と少し心配したけど
ドッグランでいつも練習?してたからね(笑)
何の抵抗もなく利用してくれてホッとしました。

スロープ練習中?の若かりし頃のはる
0819-f.jpg
(旧:相模湖ピクニックランドにて)

ももさんも足腰への負担を考えてスロープを使ってほしい
のですが、、、「そんなまどろっこしい事やってらんない犬(怒)
って感じで窓からダイレクトに飛び出していきます顔(汗)

0819-e.jpg

さて、今日はやっと涼しくなりました〜!!
雨が降ってくるまでの間、風がビュービュー吹いて
涼しかったのでお庭で過ごしました四葉

0819-d.jpg

でも、はるは庭に出してもあまり草の上では遊ばないの。
基本、縁側。おばあちゃんみたい〜

0819-c.jpg

しばらく涼しいみたいでうれしいるんるん
ワンコ達もやっぱり涼しいほうが元気ですねるんるん

ニックネーム みさりん at 19:25| Comment(2) | 肝臓ガン@はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月17日

活性化自己リンパ球療法 第2回目

癌と闘う兵隊さん(リンパ球)を投入してきましたよ!
はるちゃんのリンパ球、頑張れ〜!!
免疫療法については右 コチラ

0817-a.jpg
いつも逃げ腰なのに今日は自分から診察室に入っていった
積極的に治療に取り組む気になったらしい(笑)

いろいろな病院の活性化自己リンパ球療法の
説明を読んでると、大体「半日預かり」で
リンパ球の移入をしてくれるところが多いのですが
はるの通っている病院では、診察時間外に予約を
取ってくれて処置を済ませてくれるので、
預り時間はほんの15分ほど!
診察を合わせても30分も掛らずに終わるので
はるにも飼い主にも負担が掛らず助かってます。

0817-d.jpg
先生の説明もこんな感じで上真面目に聞いてました(笑)

今日、ビックリしたのが血液検査の結果
前回まで上昇し続けていたGOT、GPTが正常値に戻り
ALPは前回3500overで測定不能だったのに
1567まで下がりました。摩訶不思議!
末期の肝臓癌である以上、肝機能が悪化の一途を
たどるのは仕方ないと思っていたのだけど
数値が戻ってくるとは驚きです。

免疫療法のいいところは、数値が悪化していても
それに影響されることなく生活の質が保たれる

ということらしいのですが、、、
今回は数値まで改善されていてビックリです。
先生も「免疫療法をしていると、こういう不思議な
現象が起きたりするんですよねー」
と。
恐るべし免疫療法!お金掛かるけど止められないわね。

今日の血液検査結果(クリックで拡大)
0817-b.jpg

今回もカルシウム値は、かなり危険な数値ですが
前回は正常値だったことから、1日のうちで激しく変動が
あるのかもしれないそうです。
おそらく腫瘍随伴症で、カルシウムを経口で採れば解決する
ということではなさそうです。低カルシウム血症に気を付け
ながら「日光浴してご飯をしっかり食べて過ごしてね」
とアドバイスを受けました。
多血傾向は昔からあるので、あまり心配しなくてもいいかな。

今日も補液&吐き気止め(セレニア)の注射注射
解毒のため補液は1週間に1回ペースで続けていきます。
吐き気止めは経口薬と合わせて1週間に2回。

0817-c.jpg

肩に補液が入っていると動き辛そうです(笑)
すぐに吸収されて出ていくから、しばらく我慢ね。


病院 免疫療法のH動物病院
皮下補液 300ml
皮下注射(セレニア)
経口お薬(セレニア)

活性化自己リンパ球点滴投与2回目
活性化自己リンパ球3回目用採血

体重 5,7kg
体重増加中グッド(上向き矢印)
ガンが大きくなってるんじゃないかと心配になったけど、
「肋骨はそんなに張って来てないから大丈夫」と先生が
おっしゃったので安心した。
健康時よりも増えてるので少し調整したほうがいいかなー


ニックネーム みさりん at 18:10| Comment(10) | 肝臓ガン@はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

引き続き安定期

今月に入って、ずっと調子の良い日が続いています。
食欲もあるし、朝夕散歩も行くし、足腰もしっかり!
先月立ち上がれなくなったなんて嘘みたい、、、
通院も5日間お休みしました。

0816-a.jpg
オモチャで遊ぶ元気も出てきたのるんるん

来週は、はる6歳のお誕生日です(日にちは推定だけどネ)
先月末までの余命宣告があった時には
お誕生日は迎えられないかもしれないと思ってたけど
この調子なら大丈夫そう!!

0816-b.jpg
ピンボケだわね、、、

調子が良くなってからは多飲多尿もおさまってるし
便も普通(缶詰食べてるから若干柔らかめかな〜くらい)
少し呼吸が浅くて、動き回るとハァハァしちゃうけど
それ以外は至って普通!! 生活も普通に出来てる。
ガンが治ったんじゃないの?奇跡が起こるんじゃないの?
なんて、ついつい期待したくなりますが、、、
落ちるときは先月のように突然ガクンと来ると思うので
油断せずにケアしていきたいと思います。

明日は2回目の活性化自己リンパ球療法です。
ますます元気になりますように!

ニックネーム みさりん at 21:47| Comment(4) | 肝臓ガン@はる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする