2015年05月13日

犬の歯医者さん〜無麻酔の歯石取り〜

久し振りにワンコの歯医者さんへ
ももさんの歯科手術から2年半
手術した歯は今もちゃんと健在ですぴかぴか(新しい)
やっぱり抜かなくてよかった〜〜〜〜

今日は、2匹とも無麻酔の歯石取り
DSC_0219.jpg
帰りの車中にて・・・大仕事を終えた2匹犬(笑)ヤギ

とち君、今日も大暴れしたらしいあせあせ(飛び散る汗)
先生が「大変でした」ってたらーっ(汗)
今の暴れっぷりだと高齢になってからは心臓に負担が
かかるので、お家でのケアを頑張ってくださいって
言われちゃったあせあせ(飛び散る汗)
最近は、お家での歯磨きは大人しくさせてくれるように
なったんで、私がサボらずにしっかりケアしましょう!

DSC_0218.jpg
治療待ちの2匹・・・ドキドキ

とちは、もともと人が触るだけでパニックになっていた子
なので・・・保護から3年でだいぶ慣れてきたとはいえ
無麻酔で歯石取りはハードルが高すぎかもねあせあせ(飛び散る汗)
でも、大変と仰りつつ、とちの歯をピカピカに
仕上げる先生の腕はスゴイです!

今回で3回目の治療だけど・・・毎回、暴れてるから
次回、歯石取りが必要になったときは麻酔かけて
やってもらおうかな。
そのほうがとちもラクだと思うし。。。
その前に、お家でのケアをまずはしっかりしよう!!

ニックネーム みさりん at 23:12| Comment(0) | 歯科治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

犬の歯医者さん〜定期検診〜

ももの歯が折れて手術をしてから1年が経過
抜歯対象だった歯を無理やり保存してもらってるんで
半年ごとに経過観察が必要です。

1018 (3).jpg

今のところ治療箇所からのバイ菌の侵入はなく
くっ付けてあるレジンも、しっかり付いてます。
でもレジンをくっ付けてある箇所は歯石が溜まりやすく
1年でだいぶ汚れてしまったので、
今日は歯のお掃除をしていただきましたぴかぴか(新しい)

1018 (5).jpg

レジンの耐久性では1年に一回処置し直したほうが良い
らしいんだけど・・・1年ごと麻酔掛けて歯科処置するって
のも現実的ではないので、、、
レジンが外れてしまったり、バイ菌が侵入したりして
どうにもこうにもならなくなるまでは
このままで様子を見たいと思います。

1018(8).jpg

無理やり保存してもらった歯なのでリスクはあるんだけど
結果としては、残してもらって良かったと感じてます。
ももが一番使ってる大きな歯なので、
QOLを考えると抜かなくて正解!!
カミカミ好きのももさんには欠かせない歯なのです。
メンテナンスしながら、使えるとこまで使いましょう!

1018 (6).jpg

同行したとち君もお口の中をチェックしてもらいました。
半年前に歯石取りをしてもらったんだけど、
歯磨き嫌いで逃げ回るから、お家でのケアがちゃんと出来ず
今日も歯石取りをしてもらうことになりました。

先生にお預けしてから5〜10分後
1018 (7).jpg

ヨレヨレになったとち君が戻ってきました(笑)
たくさん暴れたみたいですあせあせ(飛び散る汗)

1018 (2).jpg

先生は、嫌がるとち君の歯もアッという間にピカピカにぴかぴか(新しい)
無麻酔での処置なのに、すごーーーい!

1018 (4).jpg

お家での日ごろのケアも頑張らなくっちゃ!
歯科処置が終わった後は、病院近くの駒沢公園をお散歩犬(足)

1018.jpg

ふたりともお疲れさまでした!
また5〜6カ月後に再診です。


ニックネーム みさりん at 20:23| Comment(2) | 歯科治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月19日

犬の歯医者さん

犬(笑) もも 犬(笑)  処置歯の再診

昨年の破折事故から半年・・・右 事故当時の記事
駒沢公園動物病院さんへ再診に行ってきました。
本来抜歯対象だった歯を保存してあるので、細菌感染して
ないか?とか定期的にチェックが必要なのです。

0419-0.jpg

レジンで固めた破折部分は歯石が付きやすいとは聞いていま
したが・・・半年でこんなに汚れてしまいました。

0419-b.jpg

レントゲンで確認したところ、細菌感染はビミョーたらーっ(汗)
やはり歯肉辺縁の隙間から菌が侵入している可能性があり
今後腫れてくる可能性もあるとのこと。

ただ、今すぐどうこうしなければ!という状態でもなく
先生は「この歯が使えるまで使いましょう!」って(笑)
なるべく抜歯は避ける方針の先生なのです。
ももさんカミカミが好きだから、噛むのに必要なこの
第4前臼歯はギリギリまで残しましょうとのこと。
(反対側の第4前臼歯は、すでに破折事故で失ってます)
本当は抜歯したほうが、何のリスクもなく安心なんだけど
犬本来の噛む楽しみは残してあげたいのよね・・・

ただ今後抜歯となると、麻酔のリスクが心配です。
「ももは今年8歳になるので、抜歯するなら麻酔のリスク
が低いうちがいいんですけど・・・」
と先生にお尋ねしたら
「まだまだ全然大丈夫ですヨ。うちでは10歳以上のコが
普通に手術してますから」
とのことでした。

汚くなった処置歯を磨いてもらいたかったのだけど
磨くとレジンが取れる可能性があるので無理だとのこと。
お家でもガシガシは磨けないので、専用ジェルでバイ菌が
繁殖しないよう気を付けるだけになります。
ということで、半年後にまた経過チェックです。
ももさん、お疲れさま〜〜〜


ヤギ とち ヤギ  無麻酔で歯石取り

とちは、保護時にも歯石取りをしなかったので
そこそこ歯石が付いていて、その周辺の歯肉が赤いのが
気になっていたのでついでに診てもらいました。

0419-e.jpg

「歯は丈夫ですね!」とのこと。
何故だか前の歯数本が抜けてるんですが
先生がおっしゃるには上が1本、下が2本抜けてるそう。
カミカミもしないし、老犬でもないんだけど
多頭で暮らしてる頃、何かあったのかしら???
でも小さな歯なので、別に無くても何の問題もなし。

0419-c.jpg

ビフォーの写真を撮り忘れたので分かりにくいですが
歯石周辺が、やはり歯周病を起こしていました。
麻酔を掛けて取るほどでもないとのことで
無麻酔で処置してくださることになりました。

ただ相変わらず人馴れしていないのと、怖がりなので
先生に「無理ない程度で構いません」とお伝えして
預けること10分ほど・・・
とちの歯はぴかぴか(新しい)ピカピカぴかぴか(新しい)になって帰ってきました!

0419-d.jpg

最初少し暴れたようですが、特殊な機械?とやらで
無事歯石取りが終了したようです。素晴らしい!!

ピカピカ歯になったとち君は、数日抗生物質を飲んで
あとは歯磨きでキープしていくのみです。
歯磨き頑張ろう!!
ふたりとも今日はお疲れさまでしたわーい(嬉しい顔)

0419-a.jpg

*** おまけ ***
歯医者さんは都会にあるので、状況にもよりますが
片道1〜2時間のドライブ車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)
以前は車に乗ってる間中ピーピー鳴いてたとち君も
だいぶドライブに慣れてきたかな。
最近は助手席で寝る余裕も出てきましたるんるんるんるんるんるん
0419-f.jpg

ニックネーム みさりん at 15:42| Comment(2) | 歯科治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

歯の手術無事終わりました!

10月3日、折れた歯を保存する手術を
無事終えました〜〜〜〜!!

1003-a.jpg

Before 破折で歯髄が露出してます
1003-c.jpg

MTAによる覆髄法(神経が露出した露髄根管を塞ぐ方法)
というのをしていただきました。
破折部位をペリペリ〜と剥がし、歯をクリーニング&
根管を消毒してから、神経にバイ菌が入ってこないよう
にMTAセメントで固めてあるそうです。
さらにその上を光重合レジンで覆ってます。
(詳しくは右 こちらのページ

After ぴかぴか(新しい)他の歯までピカピカぴかぴか(新しい)
1003-b.jpg

最初は、この上からクラウン(銀歯)を被せて
頑丈な歯にする予定だったんですが、、、問題発生あせあせ(飛び散る汗)

「今、まだ手術中なんですが、、」
という先生からの電話が入りました。。。ドキドキがく〜(落胆した顔)

もともと初診時から「縦割れしているので保存が難しい」
っていう話だったんですが、麻酔をかけた状態で詳しく
診たら、やっぱりかなり深くまで割れていると。。。

ミドリ線がヒビ割れてる部分です。
1003-d.jpg

このような破折を起こした場合、歯髄の治療を完璧に
行ったとしても、破折部位が歯肉に到達しているために
歯肉辺縁から深部への菌の侵入が予想されます。

ということらしいです。(HPより

クラウンを被せても、歯肉で隠れている部分の破折まで
は覆いきれないため、そこから菌が侵入して腫れること
が、のちのちあるかもしれない、、、
いざ腫れて処置をする場合、頑丈なクラウンを割って
処置をするのはすごく大変だ。というご説明。

で、、、、
@それでもクラウン付けますか?
Aレジンの状態で様子見ますか?

という選択を先生から提示されたのですが

動揺していた私は頭が回らず、、、う〜んう〜ん困って
たら、先生がAの選択にうまく誘導してくれました(笑)

レジンは歯と同じ色だし、ちょっと歯が小ちゃくなって
るだけで、きれいに治っているように見えます。

1003-f.jpg

菌が侵入して炎症を起こすリスクを抱えたままだけど
とりあえずは歯を残せたから、よしとしよう。
今後、腫れたらその時は、抜髄や抜歯の選択になるそう
です。運が良ければ一生このまま過ごせる可能性もあり!

ただレジンは摩耗しやすいし、固いものを噛めば剥がれる
かもしれません。ちょっとドキドキです。。。あせあせ(飛び散る汗)
カミカミ好きで、歯を酷使したがるももさんが
危ないことをしないよう見張っていなければ目
ちょっと目を離すと、石とか木とか噛んでるからねぇ顔(汗)

「麻酔から覚めました」という電話を頂いてから1時間後
お迎えに行ったのですが、、、ももさん超元気!
本当に手術したの?ってくらい普通に元気でした。
前回、歯肉を切開して抜歯した時は1日麻酔が抜けない
みたいでボーっとしてたけど・・・
今回は体への負担も少なかったのかな?

点滴用の毛剃りもしてあったし・・・手術したんだねぇexclamation&question
1003-g.jpg

次の診察は「半年後」って言われました。
「ずいぶん先過ぎて不安です」って言ったら
「3ヶ月後でもいいですよ」って(笑)
今後は歯の治療は、すべて駒沢公園動物病院さんで
お願いしようと思っています。
無麻酔の歯のクリーニングでも有名なんですよね!
定期的に通って、歯の健康を保ちたいと思います犬(笑)

治療費はコチラ
ニックネーム みさりん at 23:05| Comment(2) | 歯科治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

ショック!また歯が折れた(>_<)

あまりにも情けなくて、、、私自身が不甲斐なくて
記事にするか悩んだんですが
「犬の歯医者」で検索してこられる方も多いので
記録として残しておこうと思います。
ももがオモチャで遊んでいるときに歯を折って抜歯手術を
したのが約4年前・・・(その時の記事
前回は、右上顎第4前臼歯だったのですが
今朝、反対側の左上顎第4前臼歯を破損してしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

0924-a.jpg

先生にあれほど固いものを噛ませるなと言われていたのに
ももが噛みたがるからといって、5分〜10分時間を決めて
噛ませるならいいだろうと最近オモチャを与えてました。

0924-b.jpg

そして今朝の朝食後、オモチャを噛んでいるときに
バキン!という音とともに、ももが飛び上がりましたダッシュ(走り出すさま)
床には白い破片がコロコロ、、、

飛び散った歯のかけら(T_T)
0924-e.jpg

口を開けてみて愕然・・・
歯髄が露出している上に、
縦にひびが入って歯肉のあたりまで到達してます。
前回学んだ知識によれば、
破折のラインが歯肉縁を超えて歯根部に及んでいるものは
抜歯しなければなりません。


0924-d.jpg

歯髄が露出しているので、
急がないとそこからバイ菌が入ってしまいます。
破折後8時間で虫歯になるそうです。
菌が入ってしまうと治療の選択肢が狭められてしまいます
※近くに歯科専門がない場合は、普通の獣医さんで抗生物質
を処方してもらうといいみたいです。

今日は私がそばいたので、すぐに病院に行きました。
前回治療した歯の専門医が比較的近いのですが
この状態だと間違いなく「抜歯」になります、、、

抜歯が一番安全で確実なのは分かっているのですが
噛むのが好きな子なのに、
両方の噛み歯を失ってしまうなんてかわいそすぎます。
なので今回は「保存療法」を積極的に行っている
駒沢公園動物病院さんへ相談に行きました。

0924-c.jpg

レントゲンを撮ったりして状態を確認しましたが
縦に割れてるので、基本は「抜歯」対象らしいです。
でも「噛めなくなるのはかわいそうだね」と言っていただき
なんとか保存療法を試みていただけることになりました。

提示していただいた治療方法は次の4つでした
@ 抜歯
A 何もしない
(膿んで歯が駄目になった時点で抜歯)
B MTAによる覆髄法+被せもの(レジンorクラウン)
C 抜髄(神経を抜く)+被せもの(レジンorクラウン)

BのMTAというのは、神経を残す方法で
歯髄の部分をMTAセメントで固めてバイ菌が入ってこない
ようにする、人間でもやっている治療法だそうです。
人間も同じですが、神経を抜いた歯は弱くなってしまいます
なので、神経を残せるなら残したほうが良さそうです。
今回はこの方法を試してみることにしました。

治療法詳しくは右 コチラ

ただMTAをするには条件があるそうで、
露髄から時間が経っていないこと。
他の歯の状態が良いこと。などがあるみたいです。
ももは、破折後2時間で来院&他の歯も状態が良かったので
とりあえず条件はクリアできたようです。

被せものは、もものように噛む力の強い子はレジンだと破損
してしまうかも・・・というお話でしたので
クラウンにしようと思います。
+4万円くらいだけど(汗)もう、この歯しかないからねあせあせ(飛び散る汗)
人間のようなぴかぴか(新しい)銀歯ぴかぴか(新しい)になる予定
下下下下(イメージ)
クラウン.jpg

9日後に手術です病院
それまでは抗生物質飲みながら細菌感染を防ぎ
フード以外のものを食べたり齧ったりしないよう監視目

内臓疾患ではないので、手術自体に不安はあまりないけど
飼い主の管理ミス、事故なので・・・へこみます。
しかも2回目だし・・・2回も手術になるなんて・・・
ももがまたカミカミ出来るようになりますように
・・・もう二度と固いものは噛ませないけど。

※歯の特別な治療をする場合
治療費は当然気になりますよね。
ご興味のある方はコチラご覧くださいね

下下下下下
歯の治療費
ニックネーム みさりん at 17:40| Comment(2) | 歯科治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

歯科手術あれこれ

昨夜、抜歯をして帰ってきたももさん
ご飯を食べる以外はずーーーっと眠り続けています。
今日の夜から、いつものうるさいももに復活しました犬(怒)

002.jpg
おリボン外したら「デビルももドコモポイント」に変身!

抜歯とはいえ、ももの抜いた上顎第4前臼歯は
単純に抜けばいいという歯ではないようです。
お世話になった病院では以下の処置をしました。
大きな歯で歯髄(神経)が3本通っているため
歯茎を切開してめくり歯を三分割して一本ずつを抜き取ります。その後歯茎を縫合して処置終了です。
お迎えに行った時に術中の経過写真と抜いた歯を見せて
いただき様子なども詳しく説明していただきました。
根っこまでしっかり抜けていないと後々炎症を起こす
恐れもあるそうです。
ももの歯はキレイに抜いてくれていました。
先生が言うには避妊手術よりも痛いかもって・・・
でもここの先生は痛みを軽減するペインコントロールも
取り入れられていて、ももは痛がっていなかったようです。

今回の手術に至るまで
本当に抜歯しなければならないのか?病院選びは?
など結構悩みました。そんなときにネットで見つけた
破折事故経験者の方の体験談がとても参考になり
また励まされました。
犬の歯は決して強いものではありません。
おもちゃやオヤツなど市販されているからといって
全てが安全なわけではありません。
破折事故は愛犬にとって大事な歯を失う辛い事故であり
飼い主にとってもかなり凹む大事件です。
皆さまもどうか気を付けてください!!

参考にさせていただいたサイトです。
下下下
tooth.gif

かわいい色々な方の体験記をとても参考にさせて
いただいたので、ももの体験記もまとめてみました。

→ ももの体験記はコチラ
ニックネーム みさりん at 21:31| Comment(3) | 歯科治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

もも抜歯手術終了!

本日抜歯手術を終え無事帰って来ました。
ご飯をガツガツ食べ爆睡です眠い(睡眠) がんばったね!

108-1.jpg
 ピンクのリボン付きで帰って来ました(笑える〜)

9時半に朝食抜きで預け5時頃迎えに行きました。
今朝、自分だけご飯を食べれなかったことに
腹を立てていたももさん犬(怒)
一応先生に話すと「じゃあ術後、食べさせとくね!」って。
2時間の手術の後、ももさんガツガツ食べたそうです。
恐るべしももちゃん・・・
帰って来てからもガツガツ食ったね・・・エサ

108-2.jpg

歯科手術のあれこれを長々と書きつづっていたら
突然、記事が消えました。どうしたアセラ!?
あとちょっとでアップ直前だったのにーーーがく〜(落胆した顔)
改めて書く元気もないのでまたの機会に・・・
ニックネーム みさりん at 22:45| Comment(2) | 歯科治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

犬の歯医者さん

元旦早々、動物病院に行ってきました。
といっても急病ではなく、昨年末は私が時間が取れなかった
ため予約を年明けに入れてもらっていただけです。
昨年10月頃にももの歯が欠けたのが気になっていたので、
歯を専門で診てくれる獣医さんを見つけて行ってきました。
皆さんのワンちゃんが、もものような目に遭わないように
記録を残しておきたいと思います。

歯1.jpg

昨年かかりつけの病院で診てもらって、痛みもなさそうだしこのまま様子を見ても大丈夫でしょうって言ってもらい、私自身も「どうせ中年期以降に歯石処置をしてもらうから、その時にでも治療してもらおう」くらいに考えていたのですが・・・
時間が経つにつれて欠けた部分が変色してきたりして
気になってネットで調べてみると
欠けた歯を放っておくとそこからバイ菌が入って歯周疾患を起したり、歯から侵入した細菌が体を巡って内蔵疾患まで引き起こすだの・・・恐ろしい話が続々がく〜(落胆した顔)

歯2.jpg
ももの欠けた歯の部分
(歯茎に近い部分が剥がれたようになっています)


調べていると、ももと同じ症例の写真がいくつか出て来ました。
右上顎第4前臼歯の平板破折といって
ダックスなんかは、この歯で物を噛むのが好きで
度々折って(剥して?)しまう子が多いのだそうです。
そしてこう書いてありました。
   下
破折のラインが歯肉縁を超えて歯根部に及んでいるものは
抜歯しなければなりません
・・・って
ももちゃん歯肉縁超えてるしがく〜(落胆した顔)

歯3.jpg

今日、先生に診てもらいましたが、やはり残念ながら

抜歯しなければなりません。

大きな歯だし、この歯で噛み噛みするのが大好きだっただけに
出来ることなら残してあげたいのですが
今後のことも考えると抜歯したほうが良さそうです。
今日時間があったので術前検査を済ませ、1月8日に

歯の手術をすることにしました。

抜歯とはいえ、ワンコの場合は全身麻酔になるため
心配ではありますが・・・もも頑張って!!

歯の折れた原因は?みんなも気を付けて!!
ニックネーム みさりん at 20:20| Comment(8) | 歯科治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする